塗装

ログハウスのメンテナンスの中でも、『塗装』はとても大事な作業となっております。
木がむき出しのログハウスは、紫外線と雨に弱く保護を怠った木材は様々な問題を引き起こしてしまいます。その為『塗装作業』はログハウスメンテナンスの中でも重要なひとつとなっております。

保護する為の塗料も実は、現時点で屋外木部用で長持ちする塗料は無いと言われており、どんな塗料でも最長で2年ほどしか持ちません。それでも大切なログハウスを維持していく為には、こまめに塗ってあげる事が木材を永く維持する為の方法となります。

塗装も考え方を変えると様々な色合いを出す事が可能なので、ログハウスの楽しみ方の一つでもあります。


塗装after

Before

塗装before

After

塗装について

メンテナンスを怠って古くなった塗料は撥水もせず直接木が雨を吸い込んでしまいます。そこまで痛んでしまった塗装は重ね塗り塗装では持たず、サンディングをして一度古い塗装をはがしクラック補修をしたうえで再塗装していかなければなりません。


maintenance amamori00
maintenance amamori01
maintenance amamori03
maintenance amamori04

maintenance amamori00
maintenance amamori01
maintenance amamori03
maintenance amamori04

この度の施工作業
大きく割れている箇所(クラック)や隙間には、発泡ウレタンを注入しその後ジスクペーパーでサンディングを行いました。
届かない角の部分は槍かんなで削り落とします。その後一回目の塗装を施しシール材によりクラックや隙間を完璧に塞ぎ浸水防止を行います。最後に2度目の塗装をおこない仕上がりとなります。


daihyou

とっとの森では

塗料に関してもこだわります!!今回の施工には日本オスモ様のUVカット塗料を利用致しました!オスモ様の塗料はUVカット率が世界でNo1の為です!!(あくまでも現時点です)
少しでもオーナー様の負担を軽減し『ログハウスライフ』を充実して頂くのも私共の考えであります。
※日本オスモ様のURLです http://www.osmo-edel.jp/

他社施工のログハウスでも、ログハウスドクターが全国各地へ診察に伺います。
『診断料20,000円+交通費で診察します!!』